いつが最適?法人成りの4つのタイミングについて

起業を初めてされる事業者は、最初は個人事業としてスタートするケースが多いです。

まず個人事業として業績、実績を積んでから、法人化するという選択です。
これを「法人成り」と言います。

もちろん、対取引先との信用などを考慮にいれて、最初から法人にするケースもあります。

今回は、起業家が個人事業として事業を始める場合、法人成りするタイミングをどのような要素で考え、その時期を判定すべきか、いくつかのポイントを紹介するので、その中から自社の方向性に合ったポイントを探し、法人成りのタイミングの選択肢の一つとして参考にしてください。・・・・・

いつが最適?法人成りの4つのタイミングについて、税理士が解説! | 起業・会社設立ならドリームゲート (dreamgate.gr.jp)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です