法人の消費税を節税するテクニックを解説

コロナの影響により経済への影響が続いている中で、小規模経営者が苦慮しなければならない資金繰り問題の1つとして、消費税の納付があります。

消費税の申告納付義務は、2年前(2期前)の課税売上が1000万円を超えている場合に発生するため、今年がコロナ禍の影響で売上減、利益減となった場合でも、消費税の納税義務が生じる事業者が多い状況と思います。

国税庁もコロナ禍の対策として、消費税の申告も含めた申告期限と納付期限の延長が柔軟に実施されています。コロナ専用の納税猶予の申請制度も設けられ、最大1年間の納税猶予を受けられるようになっております。・・・・・

法人の消費税を節税するテクニックを税理士が解説 | 起業・会社設立ならドリームゲート (dreamgate.gr.jp)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です